2010年04月10日

水族館の大食たち

全国 どこでも使える話しだが
とりあえず三重県「鳥羽水族館」の話しとして
分類しました。

三重県の鳥羽市「鳥羽水族館」には
850種の生物がいる。
1ヶ月のエサ代は700万円だそうだ!
では一番お金が掛かる生き物は何だと思う?
例えば・・・ペンギンの1ヶ月の食費は4.500円
イロワケイルカは30.000円
贅沢な食事をする事で知られるラッコは
1日に5キロの
海の幸をたいらげるらしい・・・175.000円
体の大きなジンベザメはオキアミなどの
プランクトンを食べるが120.000円(海遊館調べ)
では・・・3位は340.000円のアフリカマナティ
2位は1日40キロをたいらげるセイウチ 465.000円
1位はジュゴン 1.620.000円!
ジュゴンは1日30キロのアマモ(海草)を食べるが
韓国産のものしか食べないらしく
輸入にお金が掛かるらしい。
知らなかった・・・いがい。
【関連する記事】
posted by KANCHI at 09:54| 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。